So-net無料ブログ作成
検索選択

ハンタウイルス肺症候群 ヨセミテ公園 [海外ニュース]

スポンサーリンク




アメリカカリフォルニア州のヨセミテ公園で、
観光客2人がハンタウイルス肺症候群(HPS)
で死亡したことが確認されました。


ハンタウイルス肺症候群って何??

って感じなのですが、、


ネズミのふんや尿を介して感染する
ハンタウィルスが原因による疾患だそうです。

アメリカ国立公園局によると、
28日までに2人が亡くなっていて、
6月に訪れた2人も感染の疑いをかけられていて
注意が呼びかけられているとの事です。


ちょ、怖っ!って感じですね。。


まさか世界遺産の観光地を訪れて
感染症にかかるとは夢にも思わなかったことでしょう。


<以下、wikipediaより引用>
初期症状は風邪に似ていて、
発熱、筋痛、悪寒、嘔気、嘔吐、下痢、倦怠感がみられ、
関節痛、背痛、胸痛、腹痛、咳、咽喉痛、頭痛などが
見られることもあるようです。

臨床的には以下の5つのフェーズに分けられます。

潜伏期、
前駆症状期、
心肺症状期(多くの患者がこの時期に死亡する)、
利尿期、
回復期

HPSは急激に症状が悪化することが知られており、
肺水腫を伴う呼吸困難を引き起こす。
最終的な死因は肺水腫ではなく、心原性ショックとされている。
現在、ワクチンや有効な治療法は確立されておらず、対症療法にとどまる。
HPSの致死率は高く、40%〜50%である。
<引用ここまで>

同局によると、
6月中旬以降にヨセミテ国立公園カリー・ビレッジにある
宿泊所「シグネチャー・テント・キャビンズ」に泊まった
観光客に感染の恐れがあるとして
「症状が表れればすぐ病院での受診を勧める」と訴えています。

ハンタウイルス肺症候群は1993年に初めて確認されて以降、
全米で587件の症例が報告があって、感染者の3割が死亡したとの事です。


自然の中で遊ぶ事は楽しいしリラックスできますが、
動物に襲われたり、感染症にかかるリスクもあるなど
危険もいっぱいですね。

出来る限り早めの治療法の確立を願います。

引用元:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012082900078


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。